カラーコーディネイトをセンス良く扱うには知識あると良い

色の知識と心理

色を楽しむ

色のイメージと連想として
寒色、暖色、中間色と分類があります。

 

寒色青系は男性や冷静なイメージ

 

暖色赤系は女性や情熱のイメージ

 

そして
両方の意味のもちながら
両方に即さない中間色

 

 

一見あわせにくい中間色、
黄、緑、紫ですがこの3色、
実はかなりあわせやすい色なんです。

 

中間といわれるぐらいなので、
暖色のコーディネイト、
寒色のコーディネイト
どちらのコーディネイトにも

 

色バランスは崩さずに相性がいいです。

 

中間色はじめ色の使い方のコツをまとめたカテゴリーになります。

色の知識と心理記事一覧

紫はパープル

パープル、紫のアイテムは服自体販売しているのが少ないです。それは普段から見ない色、だから難しいというイメージで倦厭しがちですが、実施使いこなすとかなりあわせやすい色に気づきます。論理的に考えてみると、紫は中間色なので、寒色系のファッション暖色系のファッションそしてモノトーン全てにあわせれます本当にセ...

≫続きを読む

 

黄はイエロー

中間色の一つに黄色があります。乳幼児や幼児の服やアイテムに多い色ですが、中性色、中間色の紫、緑に比べて年齢が若いイメージ、フレッシュ感がありるために子供の服に多く使われています。20代以降イエローをコーディネイトに使うのは抵抗感や難しさの印象があるので実際はなかなか使われにくいのですが、実はある知識...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ