アクセサーの本当の意味葬式版

葬式でのアクセ

葬式でのアクセサリー

正装はTPOをわきまえた服装をすることが大切です。
結婚式には花嫁と同じ白いドレスや
ミュールなどの踵の出た靴は失礼に当たるなどの
基本的なことはしっかりと確認しておきたいものですね。

 

 

お葬式はどうでしょう。

 

お通夜は、昔は急いで駆けつけたという意味で
普段着でもいいと言われていましたが、
今はほとんどの参列者が喪服を着用しています。

 

男性は黒の礼服、女性は黒のワンピースやスーツに黒のバッグと靴で、
上から下まで黒というのが基本ですね。
光っているアクセサリーやボタンなどは失礼に当たります。
靴やバックにも光っている物をつけてはいけません。
毛皮や皮柄のバックも黒であっても殺生を思わせるものはだめだそうです。

 

 

そうすると誰もが同じ感じになってしまうのですが、
そんな中でセンスの良さを感じさせる方はいるもので、
そういう方にはなにげに目がいってしまいます。

 

その方はパールのネックレスでも紫がかった
深い灰色のパールでイヤリングと指輪とお揃いでした。
多少高いパールでも何度も使うものですから、
気にいった物に出会えた時や価格の安い時に
買っておいた方がいいかも知れません。

 

パールは色合いによっては他のパーティなどでも使えますから。

 

ただし2連のパールは不幸が2つ重なることを意味するので失礼に当たるようです。

 

喪服のスーツなどは夏冬兼用であったりオーソドックスなものが多いですから、
同じ黒のスーツでも襟元に可愛らしい黒のレースをつけたり、
洒落たスカーフをさりげなく巻いてアクセントつけていたりするのも素敵です。
もちろん大げさではなく小ぶりのものを品良く身につけているのです。
お葬式はあくまでも品の良さが大切です。

 

髪型はどうでしょうか。基本的には整っていればいいと思うのですが、
長い髪をそのまま肩にたらせているよりは横の髪を黒いバレッタで後ろに止めたり、
一本で結んだりすっきりとさせた方が喪服には合うと思います。
お化粧は素肌っぽさが大切だと思います。
若い方はネイルを落としたくないかも知れませんが派手な
色や光っているのは失礼にあたります。
レースの黒い手袋などをはめていると素敵ですね。

スポンサーリンクス

葬式でのアクセ関連ページ

アンティーク調
ロマンティックイメージには必須はアイテム、アンティーク調仕上げのアクセサリー

ホーム RSS購読 サイトマップ
オリジナルのシャツを作る