着やせコーディネイトアイテム選びと知識のコツを案内

ジャケット

コーディネイト万能なジャケット

ジャケットは、一番“キチンと感”のあるトップスの洋服だと考えます。

 

それは、シルエットが上半身に沿って比較的直線的ですし、
端正な印象を与えてくれる上着だからです。

 

他のトップスには無い役割を持っていて、
襟があってもなくても、フォーマルに着れるということ、

 

逆に生地によってはカジュアルにも着こなせるアイテムでもある、
比較的万能な上着だと言えます。

 

上着の中でジャケットをこよなく愛し沢山持っている理由は、
やはり全体のバランスが整って見えることと、
その形のバリエーションが多いことでしょうか。

 

丈にもロングとショートが、襟もシングルとダブルと
襟なしがあり、種類が豊富です。

 

更に最近では、袖丈も七分袖のものが多く見られ
デザインが多様化してきて、着こなしにも幅が出てきています。

 

ただ、ジャケットを選ぶ時体型や身長によっては
又ボトムスとの組み合わせによって、
バランスが悪くなる場合があるので注意したいところです。

 

身長のある人は何でも着こなせるのでしょうが、
比較的小柄な体型だとまずロング丈のジャケットは
選ばない方が賢明だと思います。

 

もし選んだ場合は、ボトムスを短めのものを選ぶことを守った方が、
全体に重たくならずに済むでしょう。

 

 

1つの例を挙げるならば、
まず上着は脇のラインをウエストに沿って
少し絞ったショート丈のトップスに整えます。
上半身は少し動きがあるので、ボトムスはやや直線的なラインのパンツや
膝下丈位の幅が広がらないスカートなどを合せると、
全体のバランスがとれて軽快に見えるでしょうね。
ただ、長年ジャケットを愛用しているとどうも、キチンと見えるという便利なジャケットに甘えて、
コーディネイトに冒険もせず面白みがないかもしれない、という気づきも生まれます。
時にはキチンと感を崩すことも必要なのだろう、と思います。

 

 

スポンサーリンクス

ジャケット関連ページ

シャツブラウス
着やせに始まり、ファッションに通じる上手に魅せる意識でコーディネイトする方法やコツ

ホーム RSS購読 サイトマップ