カラーコーディネイトで心理的着やせ効果

色使い

色の着やせ心理コーデ

今までも何度か登場した色での着痩せのお話を掘り下げましょう。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、
色には膨張色と収縮色があり、
この色の仕組みを上手く利用するすることで、
簡単に着痩せ効果を得ることができます。

 

 

これには色の明度と彩度の違いが関係しています。
一番物を大きく見せる色は明度の高い白、
小さく見せる色は明度の低い黒です。
また、色の彩度の高い黄色も、実際よりも物を大きく見せます。

 

 

 

膨張色のカテゴリーには、赤、ピンク、黄色、白、パステルカラーなど
一般的に女性らしいイメージの色が入ります。
暖かい季節には、ぜひコーディネートに取り入れたいカラーですが、
組み合わせを間違えると、実際よりも太って見える難しい色味です。

 

 

そこで柄や素材に変化をつけて、膨張色でも着痩せ効果を狙いましょう!
では、どのように色を組み合わせると着痩せして見えるのでしょうか。

 

 

 

ストライプを取り入れる

ストライプ柄はには着痩せ効果があります。
例えば、赤のボーダー柄の服より、赤のストライプの服の方が細く見えます。
なので、赤ストライプのシャツや、赤ストライプのセットアップなどがおすすめです。
素材も、リネンなどのちょっと固めの素材のものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

パステルカラーは寒色を選ぶ

パステルカラは春先の定番カラーですよね。
パステルカラーのアイテムを1つ取り入れるだけで、
ぐっと着こなしが明るく春らしくなります。
しかし、ここで注意したいのが色選び。
暖色系カラーの物より、寒色系カラーのアイテムを選びましょう。
グリーン系やブルー系がおすすめです。
また、素材も薄く軽いものではなく、
しっかりとした素材のアイテムの方が着痩せ効果があります。

 

暖色系×パステルカラーのアイテムを取り入れるなら、
面積の広いものではなく、シューズやバッグなどの
小物で取り入れるのがおすすめです。
一番危険なのはオフホワイトのチュールスカートです。
女の子らしく可愛いアイテムですが、
膨張色の上に、ボリューム感のある素材は
かなり太く見えてしまいますので、注意してくださいね。

 

 

 

膨張色はトップスに

膨張色のアイテムはトップスに、ボトムは収縮色に、
足下はヒールのあるパンプスにすると、バランスが取りやすいです。
下半身に締まりのある色を持ってくると、全体的にすっきりと締まってみせてくれます。
例えば、トップスは白のブラウス、ボトムスにはデニムなどはオススメです。

 

また、足長効果も狙えるヒールのあるパンプスを合わせることで、
より大人っぽく垢抜けたコーディネートになるでしょう。

 

逆に膨張色のボトムスには、トップスとシューズは
寒色系やモノトーン系のアイテムを合わせることをおすすめします。

スポンサーリンクス

色使い関連ページ

黄金比率
バランスよく美しく見える比率で視覚効果
7分袖の魔法
太いところは隠して、細いところは魅せる魔法の袖丈
自分の得意バランス
体型も服もバランスですべてが綺麗に見える

ホーム RSS購読 サイトマップ