着やせのタイプとポイント

首が短い

首短い人のコーディネイトのコツ

首の短い人は衿ぐりを大きく開けるようにすると

 

首から胴体まで肌の見えるラインが増えるので、

 

視覚的な首が長い効果が現れます。

 

ネックレス、など胸元のアクセサリーをつけたい場合は
Y字型のデザインされた、細めのタイプはおすすめです。

 

タートルなどのハイネックはデザインが制限されますが
びったりタイプか、とことんふっくらタイプで合わせると
極端なものを選ぶべきで

 

中途半端なものはかえって逆効果

 

どちらか極端なタイプは首が短いのを誤魔化せます。

 

びったりタイプのタートル

ぴったり着る場合の注意点として
ベストやパーカーなどの重ね着は禁物

 

首元や胴体のボリュームを持ってくるのは避けた方がいいでしょう。

 

むしろ腕などに肘近くまであるファーなどでボリュームを持ってきて、胴体はスッキリし

 

服の上からボリュームの少ないネックレスやストライプのネクタイなどアクセントにするといいでしょう。

 

 

ざっくりタートルの場合

 

極端に顔まで隠すような大きめだと

 

そのようなデザインの服と思うので首が短くても

 

マフラーをつけているような感じにまとまります。

 

 

まとめると
どうかな〜と悩んでしまい冒険できず中途半端がとにかくだめです
短い目立つと思い込みがあなた自身にあると
それ以上に目立つものを持ってくることにより
心理的にも緩和されます。

 

だから繰り返すようですが極端なものを選びましょう。

トップへ戻る