なで肩を解消するファッションのポイント

なで肩コーデコツ

なで肩おすすめコーデ

なで肩体型の悩みとしては、肩幅が狭いし、
さがっているのでショルダーバックなどが
ずれ落ちたりする欠点がありますが、

 

 

洋服においては、肩で着るという要素が大きいので、
背中にジワが入りやすくなりますし、
脇の着丈が長くなりやすいなどが
挙げられるでしょう。

 

 

 

なで肩は優しく女性的な印象を与えますが、
少し間違えると子供っぽくなってしまうことも要注意です。

 

 

また、肩幅が狭いために、顔が大きく見えてしまいますので、
それに従うと、髪形などについても
限定的になってくるのではないかと思われます。

 

 

ショートカットにしても幼く見えるかもしれませんし、
セミロングにすると、余計顔が大きく見えるので気になります。
なで肩と髪型とのバランスも難しいテーマとなってきます。

 

 

 

一般的になで肩の人は、

 

和服は似合うということは定説のようですし、

 

洋服でもクラッシックスタイルは、
なで肩体型に合うように作られているとのことなので、

 

なで肩の人は、クラッシックなものを選べばよいでしょう。

 

 

こうしたなで肩のコーディネイトを考えると、
なで肩だから肩幅の小ささをカバーしようとして、
肩幅が実際よりも大き目のアイテムを選ぶと、
かえってやぼったさが目立ってしまいます。

 

また、ラグランスリーブやドルマンスリーブも
なで肩を強調してしまいますし、
衿付きやタートルネックも
なで肩を目立たせる結果となってしまいます。

 

 

タンクトップやキャミソールのように露出するものは、
まさに、なで肩をもろに見せつけてしまって損です。

 

 

色についても、寒色系やくすんだ暗い色なども、
収縮カラーですから、余計肩を小さく見せてしまいます。
むしろ、膨張色を選んだほうがよいでしょう。

なで肩の体型をカバーするコーディネイトをまとめますと

まず、肩幅がジャストサイズのアイテムを選らぶこと

つい隠したくなる衝動になりますが、自分のサイズにあった服というのは
バランスがすばらしくあなた自身の体型にあうので
なで肩に限らず幅広く体型のカバーや服を魅せることができます。
--- あなたのシャツをあなたらしく --- 【Original Stitch】
服をオーダーで体系カバーは効果的

 

 

トップスには、膨張色のアイテムを選ぶこと

ボトムは伸縮色とあわせると、脚長スッキリに視覚効果が出ます。
これは服の色自体の持つ力のなので、思う存分コーデに利用すると良いです。

 

 

ボートネックの衿ぐりは、なで肩をカバーする

一見肩が落ちるのではないかと嫌煙しがちですが
襟ぐりが横に広がるので肌が横に広がります
なので視覚的にはなで肩ではなく
通常のバランスに見えてしまうわけです

 

アメリカンスリーブで腕を丸出しにすることで肩を広く見せる

肩を見せる事で形の存在が協調できるので
あえて肩を見せる行為をすると良いでしょう

 

 

エポレット(肩飾り)がついているミリタリーウェアも、なで肩をカバーできる。

 

肩パッドなどで、肩周りにボリュームをつくること。

 

ダウンベストが、なで肩の肩幅を目立たなくすることができる。

 

ボーダー柄の横のラインが、肩の狭さを目立たなくしてくれる。

結構定番の体型カバーのテクニック上位に入る
ボーダー、柄で視覚的効果の狙い
横に視線があるのでバランスが取れます

 

襟が小さ目のシャツが、なで肩をカバーする。

 

(襟が大きいと肩から襟までの短さが強調されてしまう。)

 

以上が、なで肩を目立たなくするコーディネートでした。  

--- あなたのシャツをあなたらしく --- 【Original Stitch】
服をオーダーで体系カバーは効果的

なで肩コーデコツ関連ページ

わかりやすい着やせする人
着やせするタイプの人には共通点あり
首の長い人
首が長い人はコーディネイト次第でスタイル良く見える
首が短い
着やせする人の特徴ポイント
背の低い人
着やせする人の特徴ポイント
バストの大きい人
胸が大きいのはあまり多く言われない悩み
O脚
多くの日本人が悩み体型と上手く付き合う

ホーム RSS購読 サイトマップ