Aラインワンピースなどのフレアー服の落とし穴

ゆったりシルエットの落とし穴

ゆったりシルエットの選び方

体型が気になるから、
「タイトな服は着たくないなぁ」と思う方は多いと思います。

 

 

じゃあ、体型がわかりにくい、
ふわっとしたゆとりのあるシルエットの服にしよう!と考えがちですが、

これがじつは落とし穴なのです。

 

単純にふわっとしたシルエットの服で、体のラインを隠しても、
着痩せするどころか、太って見えてしまうこともあるのです。

 

 

でも、ふわっとした可愛らしいシルエットも着たいのが女心。
体型カバーをしつつ、おしゃれにふわっとしたアイテムが着こなせる、
着こなしパターンを紹介したいと思います。

 

 

丈は短めのものを

丈が長く、ふわっとしたシルエットのアイテムは実際より太って見えがちです。
布の面積が多くなるので、身体のラインは隠せても
シルエット全体のボリューム感が出てしまい、なんだかぼったりとした印象になりがち。

 

 

ふわっとした裾が広がっているアイテムや、ギャザーが多く寄ったアイテムは、
手首や足首がちょっと上のくらいの丈がベストです。
二の腕の途中や、ふくらはぎ丈のアイテムも手足が太く見えがちなので要注意です。
買う前にしっかり試着してベストな丈を見つけましょう。

 

 

 

上も下もふわっとしたアイテムはNG

たとえば、トップスはふわっとした身体のシルエットが分かりにくいアイテムをを選んだら、
ボトムはぴたっとしたを選びましょう。

 

今までも何度も出てきていますが、全体のメリハリが大事なのです。
パンツのラインもブーツカットなど、裾広がりのデザインではなく、
ストレートや、スキニーがおすすめです。クロップド丈のパンツをチョイスしたり、
裾をロールアップしてさらにすっきりとメリハリをつけましょう。

 

 

チュールスカートやギャザースカートなどボリューム感のあるスカートを着るなら、
トップスはタイトなアイテムを選び。色味も膨張色の白や黄色、ピンクはさけて、
黒や紺、カーキなどの暗めの色(収縮色)を選ぶと良いでしょう。

 

 

ふわっとしたワンピースなら、ベルトをウエストラインで締めて、
くびれを作ると着痩せして見えます。やはり色味は膨張色ではなく、
収縮色をチョイスするとより引き締まって見えます。

 

 

 

バルーンシルエットは要注意

袖口や裾が丸く風船の様になっている、バルーンシルエット。
可愛いのですが、着痩せにはおすすめできません。
丸みがあるシルエットで、布の落ち感がないので、
どうしても全体の印象が、ころころ丸々とした体型に見えがちです。

 

裾のボリューム感とのギャップで細く見えそうですが、
同じ効果を狙うなら、フレアーラインの方がおすすめです。

 

ふわっとしたアイテムを上手く使って体型カバーをしつつ、着痩せを目指しましょう!

スポンサーリンクス

ゆったりシルエットの落とし穴関連ページ

二の腕の着こなし
目線にある気になる体のパーツ
胸が大きい
全体のコーディネイト自体をスッキリ見せるコツ
和服
重ね着
レイヤードは綺麗な着こなしだが注意が必要
隠しながらうまく見せる
全体のコーディネイト自体をスッキリ見せるコツ
気になるモデル
着やせのコツはやっぱりバストと肩回り

ホーム RSS購読 サイトマップ