弔事での正装礼服はどのような格好が良いか

葬式での服

急な葬儀にも焦らない!基本的な女性の喪服スタイル。

冠婚葬祭における葬式の服装の基本はやはり「黒」です。
女性ならばシンプルな形の黒いワンピースを1枚持っていると安心です。
結婚式と違って葬式は華やかさや個性をアピールする場ではないので、
フリルやレース、リボンが過剰にあしらわれたデザインは避け、
光沢のないシンプルなデザインの服を選びましょう。

 

スカート丈はもちろん膝下がベストです。
一般的な葬儀会場の場合は椅子が準備されていますが、
亡くなった方のご自宅やお寺での葬儀に参列した場合、
畳の上で正座をすることになります。

 

丈の短いスカートでは正座の際に膝が露わになってしまい、
葬儀の場にふさわしくありません。

正座をしてもゆとりのあるサイズの服を選びましょう

 

社会人の女性の場合、仕事後に葬儀や通夜に参列する場合もあるでしょう。
職種によっては、会社に喪服を持参して着替えることが難しいこともあります。

 

葬式ではどこまでが礼服かという明確な決まりはありませんが、
黒いスーツならば仕事にも葬儀にも対応でき安心です。
しかし、色つきのインナーやブラウスは葬式の場にふさわしくありません。

白いシンプルなブラウスか、黒いタートル
などを着用しましょう。

アクセサリーについては、結婚指輪程度のシンプルな指輪は問題ありませんが、
大きな宝石がついた豪華な装飾品は避けましょう。
また、冠婚葬祭の服装に合わせる装飾品として、
真珠のアクセサリーならば格式も高く適切です。
既婚者や年配の女性ならば、
一連パールのネックレスを首元にあしらうと上品な印象になります。

 

20代の若い女性であれば一粒パール程度の華奢なデザインの方が
若々しい着こなしになります。
しかし、どうしてもアクセサリーを身につけたいからといって、
イミテーションの真珠のアクセサリーをつけて行くことは避けましょう。

 

また、最近は凝ったネイルアートを日常的に爪に施している女性も多くいます。
ジェルネイルの場合はすぐに落とすことができないため、
やむを得ずそのまま葬儀に参列する方もいるでしょう。

 

あまりに派手なデザインの爪はさすがに非常識ですので、
ネイルの上から市販のベージュのマニキュアで隠すなどの対策をしましょう。

スポンサーリンクス

葬式での服関連ページ

背伸びも必要
着やせに始まり、ファッションに通じる上手に魅せる意識でコーディネイトする方法やコツ
40代女性と子育て
着やせに始まり、ファッションに通じる上手に魅せる意識でコーディネイトする方法やコツ
40代女性の通勤着
着やせに始まり、ファッションに通じる上手に魅せる意識でコーディネイトする方法やコツ
30代に変化する服装
30代というある意味中途半端で研ぎ澄まされる年齢にどのコーディネイトをするか
30代仕事着は安全面
着やせに始まり、ファッションに通じる上手に魅せる意識でコーディネイトする方法やコツ
20代通勤着のスーツ
着やせに始まり、ファッションに通じる上手に魅せる意識でコーディネイトする方法やコツ
30代女性オンオフ
着やせに始まり、ファッションに通じる上手に魅せる意識でコーディネイトする方法やコツ

ホーム RSS購読 サイトマップ